レヂヲのいきもの図鑑では、現在106種を紹介中!最新のいきものは「オオカマキリ」だ!

ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)

ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)

ヒカゲチョウ
2019年6月14日神奈川県横浜市

ヒカゲチョウは、雑木林に暮らすジャノメチョウの仲間である。

よく似ているクロヒカゲよりも明るい環境が好きなようで、林縁に近い散策路ではヒカゲチョウの方が顔なじみだろう。

幼虫の食草は、メダケやアズマネザサなどのイネ科植物である。

分類:動物界 節足動物門 昆虫綱 鱗翅目(チョウ目)アゲハチョウ上科 タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科 ヒカゲチョウ属 ヒカゲチョウ
(※ジャノメチョウ亜科はジャノメチョウ科として扱われることもある)
学名:Lethe sicelis
漢字名:日陰蝶
別名:ナミヒカゲ

大きさ 開帳:50~60mm 前翅長:29~34mm
成虫の見られる時期:4~10月
分布:本州・四国・九州

ヒカゲチョウの翅表面
2019年6月14日神奈川県横浜市
比較的地味な種が多いジャノメチョウの中でも、ヒカゲチョウの翅表面は特に地味かもしれない

派手さはないが、昔ながらの喫茶店に置いてあるソファーの座面のような上質な風合いがある。

ヒカゲチョウ
2019年6月14日神奈川県横浜市
光を透かした翅に、眼状紋が鮮明に浮かび上がる。

ヒカゲチョウ
2018年6月25日神奈川県横浜市
素早くヒラヒラと飛び回るヒカゲチョウをじっくりと観察するのは難しい。しかし、一度葉の上にとまってしまえば、案外じっとしてくれるものだ。根気よく待ってみよう。


フィールドガイド 日本のチョウ

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

タテハチョウ科カテゴリの最新記事