レヂヲのいきもの図鑑では、現在110種を紹介中!最新のいきものは「ササグモ」だ!

ホソクビツユムシ

ホソクビツユムシ

ホソクビツユムシ
2018年8月13日長野県下伊那郡
ホソクビツユムシは、山地性のツユムシの仲間。この雌の個体は標高1,000mほどのキャンプ場で撮影した。

翅が短く、腹部も太いので、一見ツユムシの仲間には見えない(とワタシは思うのだが)。

触角に白い斑紋がメモリのように入っているのも、ホソクビツユムシの特徴の一つである。

分類:動物界 節足動物門 昆虫綱 直翅目(バッタ目)キリギリス亜目 キリギリス下目 キリギリス上科 キリギリス科 ツユムシ亜科 Shirakisotima属 ホソクビツユムシ

学名:Shirakisotima japonica
漢字名:細首露虫・細頸露虫

大きさ:35~38mm
成虫の見られる時期:7~10月
分布:本州・四国・九州

ホソクビツユムシの鼓膜
2018年8月13日長野県下伊那郡
キリギリス科には前脚脛節に耳がある仲間が多いが、ホソクビツユムシもその一つ。

雄は「チキチキ、ヂューイ」と鳴く(ワタシにはそう聞こえるのだ)が、雌の脚の耳にはどのような愛の囁きに聞こえるのだろうか。


バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

キリギリス科カテゴリの最新記事