レヂヲのいきもの図鑑では、現在110種を紹介中!最新のいきものは「ササグモ」だ!
オドリコソウ

オドリコソウ
2018年4月14日神奈川県秦野市
オドリコソウは、花の形が「踊り子」に似ていることからの命名だという。言われてみれば笠をかぶり扇子を手に踊る姿に見えなくもない。

林縁の少し日陰になるようなところが好きなようだ。

街中でも見かける近縁種のヒメオドリコソウよりも、花があきらかに大きい。

本種は、基本種タイリクオドリコソウ(Lamium album var. album)の変種となる。

分類:植物界 被子植物 真正双子葉類 コア真正双子葉類 キク上類 キク類 シソ類 シソ目 シソ科 オドリコソウ亜科 オドリコソウ属 種Lamium album 変種オドリコソウ
学名:Lamium album var. barbatum
漢字名:踊子草
花言葉:快活・陽気・隠れた恋

大きさ:30~50cm
花の見られる時期:3~5月
分布:北海道・本州・四国・九州


野草の名前 春 和名の由来と見分け方

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

シソ科カテゴリの最新記事