レヂヲのいきもの図鑑では、現在110種を紹介中!最新のいきものは「ササグモ」だ!
ダイミョウセセリ

ハルジオンの蜜を吸うダイミョウセセリ
2019年5月19日神奈川県横浜市

ダイミョウセセリは、黒い翅に白い紋と縁取りがシックなセセリチョウの仲間である。

イチモンジセセリなどセセリチョウの仲間は、前翅を閉じ後翅は開いて止まっていることが多い。しかし、ダイミョウセセリは両方の翅を開いて止まる

分類:動物界 節足動物門 昆虫綱 鱗翅目(チョウ目) セセリチョウ上科 セセリチョウ科 チャマダラセセリ亜科 ダイミョウセセリ属 ダイミョウセセリ

学名:Daimio tethys
漢字名:大名挵

大きさ 開帳:30~40mm 前翅長:15~20mm
成虫の見られる時期:4~10月
分布:北海道・本州・四国・九州

ダイミョウセセリ
2016年5月26日神奈川県横浜市
この止まり方にどんな意味があるのかは解らないが、何かしら理由があるのだろう。(あるいは、前翅を閉じる方に理由があるのかもしれない。)

この止まり方や翅の色合いから、コミスジやミスジチョウと間違えられることもあるようだが、あちらはタテハチョウの仲間になる。

いきものの分類は、むずかしい。

翅を閉じているダイミョウセセリ
2019年5月11日神奈川県横浜市
タテハチョウのように翅を閉じて止まることもある。

ダイミョウセセリの頭部
2019年5月19日神奈川県横浜市
正面から見た顔。可愛い。

ハルジオンの蜜を吸うダイミョウセセリ
2019年5月19日神奈川県横浜市
ハルジオンの蜜を吸うダイミョウセセリ。

花粉まみれのダイミョウセセリ
2016年5月26日神奈川県横浜市
顔が花粉まみれになっている。植物の花粉媒介に一役買っているようだ。

幼虫はヤマノイモの仲間の葉を食べ、その葉を折り畳んで身を隠す。


図鑑 世界で最も美しい蝶は何か

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

セセリチョウ科カテゴリの最新記事