レヂヲのいきもの図鑑では、現在110種を紹介中!最新のいきものは「ササグモ」だ!

キアシドクガ

キアシドクガ

キアシドクガ
2019年5月26日東京都八王子市
キアシドクガは、純白の翅に黄色いブーツ姿が、どこか貴婦人のような佇まいを感じさせるドクガの仲間だ。

ドクガ科ではあるが、幼虫から成虫に至るまで毒はない。

春になると、幼虫はミズキの葉を食べて成長する。梅雨前には蛹から成虫となって、日中にヒラヒラと飛び回る。

多くの方が、その優雅な姿を見て「あの白い蝶はなんですか?」と尋ねてくる。

そんな時は、蛾であることは告げずに、その姿を楽しんでもらう。「キアシドクガ」という名前を聞いた途端に、嫌悪感をあらわにする方が大半だからである。

「蛾=気持ち悪い」という先入観を捨ててその姿を見てもらえば、美しい昆虫であると感じてもらえることもあるのだ。

分類:動物界 節足動物門 昆虫綱 鱗翅目(チョウ目)ドクガ科 Ivela属 キアシドクガ
学名:Ivela auripes
漢字名:黄脚毒蛾

大きさ 開帳:50~57mm 前翅長:25~30mm
成虫の見られる時期:5~7月
分布:本州・四国・九州

キアシドクガ
2019年5月26日東京都八王子市
顔立ちもエレガンス。

キアシドクガの幼虫
2019年5月11日神奈川県横浜市
幼虫の姿はやはり嫌われることが多いが、こればかりは致し方ないだろう。

キアシドクガの蛹
2018年5月6日神奈川県横浜市
キアシドクガの蛹は、某マンガで「小さなツタンカーメンの様である」と登場してから、マニアに人気があるそうだ。(ワタシは未読)

キアシドクガの蛹
2019年5月26日東京都八王子市
近年は局地的に大発生することも多いようで、ほかの生物への影響がないか心配である。


蝶も蛾もうつくしい 虫屋なる日々

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

ドクガ科カテゴリの最新記事