レヂヲのいきもの図鑑では、現在106種を紹介中!最新のいきものは「オオカマキリ」だ!

チャバネアオカメムシ

チャバネアオカメムシ

チャバネアオカメムシ
2016年4月22日神奈川県横浜市

萌黄色に茶色い翅が鮮やかなチャバネアオカメムシ。

カキ・ナシ・モモ・リンゴ等様々な果樹を食害するので、果樹農家からは嫌われているそうだ。

繁殖の為の十分な成長には植物の種子からの栄養が必要で、スギやヒノキなど針葉樹の球果で見つかることが多い。果樹園の果実では果肉が厚過ぎて、種子まで口吻が届かないらしい。

分類:動物界 節足動物門 昆虫綱 半翅目(カメムシ目)カメムシ亜目 カメムシ科 カメムシ亜科 チャバネアオカメムシ
学名:Plautia stali
漢字名:茶翅青亀虫

大きさ:10~12mm
成虫の見られる時期:4月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄

小楯板に模様があるチャバネアオカメムシ
2018年7月1日神奈川県横浜市

このチャバネアオカメムシは、小楯板に白い羽根のような紋様が入っていた。羽化直後で完全に色づいていないのだろうか?

チャバネアオカメムシ
2018年7月1日神奈川県横浜市

「臭い!臭い!」と嫌われがちなカメムシだが、よく見ると可愛らしい顔をしている。

チャバネアオカメムシの卵
2018年6月3日神奈川県横浜市

こちらはチャバネアオカメムシの卵。ミズキの葉上に産みつけられていた。カメムシの卵は、写真のようにきっちりと並べて産みつけられるものも多い。


カメムシ博士入門

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

カメムシ科カテゴリの最新記事