レヂヲのいきもの図鑑では、現在106種を紹介中!最新のいきものは「オオカマキリ」だ!

シロコブゾウムシ

シロコブゾウムシ

シロコブゾウムシ
2018年6月22日神奈川県横浜市

白っぽくて背中に二つの瘤があるゾウムシなので、シロコブゾウムシ。非常にわかりやすい名前だ。

シロコブゾウムシは、クズやハギなどマメ科の植物の葉を食べる。

ベージュでゴツゴツとした躰は、まるで落花生のようだ。ピーナッツゾウムシという愛称を提案したいのだが、いかがだろうか?

分類:動物界 節足動物門 昆虫綱 鞘翅目(コウチュウ目)カブトムシ亜目 ゾウムシ上科 ゾウムシ科 クチブトゾウムシ亜科 シロコブゾウムシ
学名:Episomus turritus
漢字名:白瘤象虫

大きさ:13~15mm
成虫の見られる時期:4~9月
分布:北海道・本州・四国・九州

擬死するシロコブゾウムシ
2016年6月6日神奈川県横浜市

身の危険を感じると、死んだふりをしてポロリと落ちる。落下して生きのびるので、落下生ゾウムシ…というダブルミーニングは少し理屈っぽいかもしれない。

シロコブゾウムシの頭部
2016年6月6日神奈川県横浜市

ゾウムシの仲間は、口吻が象の鼻のように長い種が多いが、シロコブゾウムシは口吻が短いクチブトゾウムシ亜科に分類される。

シロコブゾウムシの口吻
2018年6月22日神奈川県横浜市

アップで見ると恐ろしい口をしている。


象虫 マイクロプレゼンス 小檜山賢二写真集

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

ゾウムシ科カテゴリの最新記事