レヂヲのいきもの図鑑では、現在110種を紹介中!最新のいきものは「ササグモ」だ!

ヤマシロオニグモ

ヤマシロオニグモ

ヤマシロオニグモ
2018年6月2日神奈川県横浜市
ヤマシロオニグモは、林縁などで垂直に網を張るヒメオニグモの仲間ヒメオニグモ属はオニグモ属より小さいので、「ヒメ」がつくのだろう。

腹部の模様には変異が多く、写真は一番よく見かける通常タイプ。ワタシには、模様が背骨の様に見えるのだが、ご賛同頂けるだろうか。

ヤマシオロニグモは、他に後黒(アトグロ)型・背白(セジロ)型・無紋型がある。オニグモのような腹部前端の突起(肩状突起)はない。

分類:動物界 節足動物門 鋏角亜門 蛛形綱 蜘蛛目(クモ目)コガネグモ科 ヒメオニグモ属 ヤマシロオニグモ
学名:Neoscona scylla
漢字名:山城鬼蜘蛛

大きさ:♂7~12mm ♀9~16mm
成体の見られる時期:7~9月
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄

ヤマシロオニグモ
2016年7月3日神奈川県横浜市
イネ科植物の葉で休憩中のようだ。


クモの巣図鑑

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

コガネグモ科カテゴリの最新記事