レヂヲのいきもの図鑑では、現在110種を紹介中!最新のいきものは「ササグモ」だ!

オオトリノフンダマシ

オオトリノフンダマシ

オオトリノフンダマシ
2017年10月1日神奈川県横浜市
その存在を知らないと、この生物がクモの仲間であることもわからないかもしれない。そんな異様な姿をしているのが、オオトリノフンダマシである。

艶のある腹部とその模様が「鳥の糞」に似ていることから和名がつけられた。カマキリの頭部に見えるという意見もあるようだ。

鳥の糞であれば普通は葉っぱの表側にあるが、オオトリノフンダマシは葉の裏側で見つかることが多い。果たして彼らは何のモノマネをしているつもりなのだろうか?

分類:動物界 節足動物門 鋏角亜門 蛛形綱 蜘蛛目(クモ目)コガネグモ科 トリノフンダマシ属 オオトリノフンダマシ
学名:Cyrtarachne inaequialis
漢字名:大鳥の糞騙

大きさ:♂2.0~2.5mm ♀10~13mm
成体の見られる時期:7~10月
分布:本州・四国・九州

オオトリノフンダマシの卵嚢
2017年9月3日神奈川県横浜市
オオトリノフンダマシの卵嚢。数枚の葉に糸でぶら下げられている。

トリノフンダマシの仲間は、夜になると網を張り、朝には畳んでしまうという面白い習性があるようだが、ワタシはまだ観察したことがない。

クモの仲間の性的二形は有名だが、コガネグモ科では特に顕著である。コガネグモ科に属するオオトリノフンダマシの雌は、雄の5倍ほどの体長がある。トップの写真は雌の写真だ。

この体格差を人間に置き換えてみると、恐ろしすぎて夜も眠れない。


クモの巣図鑑

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

コガネグモ科カテゴリの最新記事