レヂヲのいきもの図鑑では、現在106種を紹介中!最新のいきものは「オオカマキリ」だ!
コカマキリ

お腹がパンパンに膨らんだコカマキリ
2016年11月6日神奈川県横浜市

コカマキリは、褐色で小さめのカマキリ。稀に緑色型も現れる。

写真のコカマキリは雌で、お腹がパンパンに膨らんでいるのが確認できる。厳しい冬を前に、無事に産卵できるだろうか。

地上を歩き回っていることが多く、小型の昆虫などを捕食するようだ。

分類:動物界 節足動物門 昆虫綱 蟷螂目(カマキリ目)カマキリ科 カマキリ亜科 コカマキリ
学名: Statilia maculata
漢字名:小蟷螂

大きさ:36~63mm
成虫の見られる時期:8~11月
分布:本州・四国・九州

コカマキリ
2018年11月2日神奈川県横浜市
大型のカマキリ類と比べると、かなり華奢な印象を受ける。

実際、前脚のカマに挟まれてもそれほど痛くはない。

コカマキリがアリを捕食
2018年9月16日神奈川県横浜市
しかし、アリなどの小型昆虫にとっては脅威的である。

コカマキリ
2018年11月2日神奈川県横浜市
ワタシが子供の頃は、オオカマキリやハラビロカマキリよりコカマキリの方が出会う確率が高かった記憶があるが、最近は逆転している気がする。(個人的な感想です。)

コカマキリの前脚の紋
2018年11月2日神奈川県横浜市
コカマキリは、体長が同じ位のウスバカマキリとは前脚腿節に紋があることで区別できる。

コカマキリの幼虫
2018年6月22日神奈川県横浜市
カマキリの仲間は、卵→幼虫→成虫と成長する不完全変態を行い、幼虫時代から成虫に近い形をしている。

写真のコカマキリは、翅が生えそろっていないことから、幼虫だとわかる。


カマキリの生きかた:さすらいのハンター(小学館の図鑑NEOの科学絵本)

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

カマキリ科カテゴリの最新記事