レヂヲのいきもの図鑑では、現在110種を紹介中!最新のいきものは「ササグモ」だ!

ホソヒラタアブ

ホソヒラタアブ
ホソヒラタアブの雄
2019年5月19日神奈川県横浜市

ホソヒラタアブは、様々な花の蜜を求めて飛び回るハナアブの仲間だ。

花壇でホバリングをする姿は、都会でも見ることができるだろう。

太さの違う黒いラインが引かれた山吹色の腹部と、赤がグラデーションする複眼の組み合わせは、実に洒落ている。

写真のホソヒラタアブの雄は、名前の通り扁平な腹部がよくわかる。

分類:動物界 節足動物門 昆虫綱 双翅目(ハエ目) ハエ亜目 ハエ下目 ハナアブ上科 ハナアブ科 ヒラタアブ亜科 ヒラタアブ族 ホソヒラタアブ属 ホソヒラタアブ
学名:Episyrphus balteatus
漢字名:細扁虻

大きさ:7~12mm
成虫の見られる時期:3~11月
分布:北海道・本州・四国・九州

ホソヒラタアブの雄
2019年5月19日神奈川県横浜市

花を訪れて蜜を舐めると、体にはおしべの花粉がたくさんくっつく。他の花に蜜を舐めに行くと、体についた花粉がめしべに届けられる。

こうして植物の受粉を助ける花粉媒介者として、ハナアブはとても重要な存在なのだ。

ホソヒラタアブの雌
2019年9月14日神奈川県横浜市

ホソヒラタアブの雌。お腹が膨れているのは食べ過ぎではなく、産卵が近いからだろう。

ホバリングしているホソヒラタアブを見つけたら、手前に手を差し出してみよう。ちょこんと手乗りをしてくれることがある。


蠅たちの隠された生活(大英自然史博物館シリーズ)

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

ハナアブ科カテゴリの最新記事