レヂヲのいきもの図鑑では、現在103種を紹介中!最新のいきものは「ヒカゲチョウ」だ!
ヒメウズ

ヒメウズ
2019年3月17日神奈川県横浜市
ヒメウズは、道端や林縁に生えるキンポウゲ科の植物だ。花の径が5mmほどと小さく、俯いて咲くので、注意深く観察しないと見逃してしまうだろう。

ヒメウズは漢字で「姫烏頭」と書くが、「烏頭」はトリカブト(ヤマトリカブト)のこと。トリカブトもキンポウゲ科で、それに似ていて小さいので「姫」がついたのだ。

しかし、花の形も葉の形もあまりトリカブトに似ているようには見えない(個人的な感想である)。

同じキンポウゲ科のオダマキ類には、花も葉もよく似ていて、実際にオダマキ属に含めることもあるようだ。

分類:植物界 被子植物 真正双子葉類 キンポウゲ目 キンポウゲ科 ヒメウズ属 ヒメウズ
学名:Semiaquilegia adoxoides
漢字名:姫烏頭
花言葉:不変・志操堅固・ずっと待っています

大きさ:10~30cm
花の見られる時期:3~5月
分布:本州(関東以西)・四国・九州

ヒメウズ
2019年3月17日神奈川県横浜市
花弁のように見える白いのは萼片。本当の花弁は内側の黄色いほうだ。
ヒメウズ
2019年3月17日神奈川県横浜市
花は小さいが、よく見るととても可愛らしい。

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

キンポウゲ科カテゴリの最新記事