レヂヲのいきもの図鑑では、現在106種を紹介中!最新のいきものは「オオカマキリ」だ!

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ
2017年9月24日山梨県南都留郡
ゲンノショウコは、整腸薬として用いられるフウロソウ科の多年草。

下痢止めとして飲むとすぐに効果が現れ、「現によく効く証拠」から「ゲンノショウコ」と呼ばれるようになったそうだ。

他にも「イシャイラズ」「タチマチグサ」「テキメンソウ」などと呼ばれ、民間薬として非常に優秀であることがうかがえる。タチマチグサやテキメンソウなどは、ドラえもんの道具としても登場しそうな名前である。

薬効や花の可愛らしさばかりに目が行きがちだが、種子の散布方法も興味深いので、花を見た後にも注目して欲しい。(良い動画が撮れたらアップしようと思う。)

分類:植物界 被子植物 真正双子葉類 コア真正双子葉類 バラ類 アオイ群 フウロソウ目 フウロソウ科 フウロソウ属 ゲンノショウコ
学名:Geranium thunbergii
漢字名:現の証拠
別名:イシャイラズ・タチマチグサ・テキメンソウ・ミコシグサ・ネコアシグサ
花言葉:心の強さ・憂いを忘れて

大きさ:30~50cm
花の見られる時期:7~10月
分布:北海道・本州・四国・九州


陀羅尼助丸(大峰山) 分包箱入り(60包) 吉野勝造商店

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

フウロソウ科カテゴリの最新記事