レヂヲのいきもの図鑑では、現在106種を紹介中!最新のいきものは「オオカマキリ」だ!

ヒメハギ

ヒメハギ

ヒメハギ
2017年4月21日東京都町田市
ヒメハギは、春から初夏に日当たりの良い乾いた場所で紫色の花を咲かせる。

花弁が沢山あり、先っぽには何やらフサフサのついた不思議な花の形には、秘密がある。

一番大きな花弁に見えるのは、実は萼片である。その先に根本が繋がった3枚の花弁があるが、その下側の1枚の先が細かく分かれてフサフサ(付属体という)の部分を形成している。

このフサフサが虫達をおびき寄せ、奥にある雄蕊から花粉を運んでもらおうという魂胆だろう。

分類:植物界 被子植物 真正双子葉類 コア真正双子葉類 バラ類 マメ群 マメ目 ヒメハギ科 ヒメハギ属 ヒメハギ
学名:Polygala japonica
漢字名:姫萩
花言葉:隠者・信じる恋

大きさ:10~30cm
花の見られる時期:4~7月
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄

ヒメハギ
2017年4月21日東京都町田市
和名には「ハギ」とつくが、あちらはマメ科で近い仲間ではない。


改訂版 散歩で見かける草花・雑草図鑑

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

ヒメハギ科カテゴリの最新記事